現金化って危なくないの

クレジットカードの現金化と聞くと、借金のようなものではないのかと思ってしまうでしょう。しかし、クレジットカードの現金化は借金とは異なります。そのため利息が付いたり、返済期限があることもなく、気軽に利用することが可能になるのです。

借金ではない?

クレジットカードの現金化は、ショッピングをすることでキャッシュバックされたり、その買ったものを売却することでお金を得るというシステムですので、購入した金額は最初にクレジットカード会社が肩代わりしてくれます。それから、カードの決算日になればその分を一緒に支払うということになります。わかりやすく言えば給料の前借のようなものです。
ここで一つ注意したいのは、あくまでも給料の前借ですので、自分の得られる給料以上の金額になると、カードの支払いができなくなりカード会社から調査をされるようになります。大切なのは、自分ができる範囲での利用です。ショッピング枠の限界まで使うのも自由ですが、その分の支払いができなくなり、結果的に借金をしてしまったというような本末転倒なことにならないように気を付けておきましょう。

カード会社にはばれないのか

クレジットカードの現金化はカード会社的にはよくないので、この事実が発覚すればカードの利用停止なども考えられます。しかし、普通、常識の範囲内で利用すれば問題視されることはありません。ですが普段とは違う行動ばかりをしていると怪しまれて調査されるかもしれません。
例えば、普段ショッピング枠を少ししか使っていない人が、ある月からいきなり何十万円もショッピングをするようになると、カード会社じゃなくても怪しむでしょう。そこから履歴をたどり、現金化しているのばばれてしまうのです。そのためにも利用するのは少しずつにしておきましょう。

なれると便利に使える

最初のうちは計算をしたり、状況確認をしたりしてぎくしゃくしてしまうかもしれませんが、しばらくすると体が慣れてきて気軽に使えるようになります。もしものときのために、頭の片隅に覚えておきたいところです。

関連する記事